フライパンの焦げの落とし方!

調理時間を間違えたり、油を十分にしかないと食材が焦げ付いてしまいますし、食材が焦げ付いてしまうとそれがそのままフライパンの焦げ付きにつながりますよね。

 

なので、ちょっとしたことでフライパンが焦げ付いてしまうことがあります。そんな時にフライパンについた焦げを落とす方法を紹介しておきたいと思いますね。

 

気軽に焦げ付きを落とす方法としては水を入れて沸騰させる方法がおすすめです。沸騰させるだけでも焦げ付きがかなり取れるので取り合えずは行いたい方法ですよ。ちなみに、この時に重曹を入れた水を沸騰させるとより効果的なので試してみてください。

 

ただ、重曹を使うときはアルミ製のフライパンだと黒ずんでしまうので注意は必要ですよ。

 

他にもお酢を使ったり、卵の殻を使ったり、空焚きしたりする方法はあるのですが、どの方法にも共通して言えることがあります。それは早めに対策をするということ。

 

焦げてから時間が経ってしまうとなかなか落ちないので、焦げ付いたらなるべく早く対策をするようにしましょう。

 

料理を作って焦げ付いたら食べる前に水を入れて沸騰させておくだけでも焦げつきが落ちる可能性も高くなりますから、早めの対策を心がけるようにするといいですね。

焦げ付かないフライパンを選ぶのが大事!

フライパンについて焦げ付きは落とすのが大変なので、焦げがついたら早めに対応するのがいいですが、一番の対策は焦げ付きにくいフライパンを使うことに他なりません。

 

焦げ付きにくいフライパンを使えば、焦げつきを落とす心配が少なくなるということは言えますし、何よりも美味しい料理を作ることができるのですね。

 

フライパンに焦げが付くということは熱伝導率が悪くなったり、熱がまばらに伝わってしまうので食材に均一に火を通すことができません。美味しい料理を作るためには火加減が大事とされていますから、火加減を上手にすることができない状態になってしまうと美味しい料理が作れなくなります。

 

なので、焦げ付いたフライパンを使うということは、美味しい料理を作ることができないということにつながるのですよ。

 

だとするなら、焦げ付かないフライパンを選ぶのが大事なことというのが言えるでしょう。

 

フレーバーストーンシリーズはフライパンの中でトップクラスで焦げ付きにくいですから、選ぶ価値はかなり高いですね。フライパンを買い替える理由になるのは焦げ付きでイライラすることがほとんどだと思いますし、耐久性が高くて焦げ付きにも強いフレーバーストーンはストレスフリーという意味でも大きな役割を果たしてくれます。

 

スクエアタイプのフレーバーストーンなら取っ手も取り外せて便利ですから、選んでみると料理が楽しくなると思いますよ。