メリットって何?どんな人におすすめ?

フレーバーストーンダイヤモンドエディションは他のフライパンではあまりなじみのない四角い形をしたフライパンになっています。なんとなくなじみがある丸い形の方が使いやすそうな感じがしますけど、四角い形になったことでどんなメリットが生まれているのでしょうか。

 

形が四角くなったことで生まれるメリットは「調理スペースが増える」というところが挙げられます。丸い形と四角い形を比較したとき仮に幅が同じだとしたら四隅の分だけスペースが生まれますよね。フレーバーストーンダイヤモンドエディションの場合丸い形よりもスペースが約1.3倍になっているので、大人数分の食事を準備するときには複数回に分けなくてもこれ1台で済む場合もありますよ。

 

また、形が四角いことで生まれるメリットとしてもう一つ挙げられるのが「おしゃれだからそのまま食卓に並べられる」というところ。

 

四角い形をしたフライパンは珍しいですから、一目見ただけではそれがフライパンだとは思わないんですよね。そうすると食卓にそのまま並べてもおしゃれなお皿としての役割を果たしてくれるので食卓に彩りを与えてくれます。ちょうど内側も赤や青で加工されていておしゃれですよ。

 

食卓にそのまま並べられるということは、作った料理をわざわざお皿に移し替える必要がありませんし、熱々のままおかずを食べることができますね。それにお皿に移し替えなくてもいいということは余計な洗い物が増えないということも言えますから、忙しくてお皿を洗うのが面倒くさいなんて人にはかなりおすすめできるフライパンになってくれるでしょう。

 

ところで、想像力がある人だと「そのまま食卓に出せるのは嬉しいけど、取っ手の部分が邪魔にならないの?」ということを思う人もいるかもしれません。けれどもその心配はいりませんよ。というのもフレーバーストーンダイヤモンドエディションは取っ手が外せるので食卓に並べるときは外してしまえば邪魔になることなないです。

 

取っ手を外せるということは洗い物をするときはもちろん、収納するときも邪魔にならないというメリットがありますよ。なので収納スペースが少ないキッチンでもばっちりしまうことができますね。

 

フライパンを使うのは料理をするときだけですし、それ以外の時間は悪く言えば使わないアイテムでもありますから、使っていないときにどう収納しておくかというのもフライパン選びには一つ重要なことかもしれません。

 

そういったことを考えると取っ手がとれるのはかなり嬉しい機能ですね。

 

フレーバーストーンダイヤモンドエディションのメリットについて見てみると、料理が好きな人はもちろんですが、洗いものが面倒な人やキッチンが狭くてスペースがないって人にもおすすめできるのがわかりました。

 

 

>>フレーバーストーンダイヤモンドエディションの特長をもっと詳しく見てみる! フレーバーダイヤモンドエディション公式通販サイト