フレーバーストーンの焦げ付きを復活させる方法はない?

フレーバーストーンは焦げ付かない、食材がくっつきにくいというのが特徴のフライパンですが、数年も使っていると焦げ付きが目立ってきたりして、食材がくっつくようになっていくということもあります。

 

あくまでも一般的なフッ素樹脂加工フライパンと比較して焦げ付きにくいということですから、何をしても絶対に焦げ付かないというわけではありませんからね。

 

焦げ付きが目立ってきたフレーバーストーンですが、焦げ付きを解消させて見事に復活させたいと思っている方もいるかもしれませんが、結論から言えばフレーバーストーンの焦げ付きを復活させる方法はありません。

 

なぜなら焦げ付きが目立つということはコーティングがはがれているという証明になるから。

 

フレーバーストーンが焦げ付きにくく食材がくっつきにくいのは特殊なノンスティックコーティングによって6層ものコーティングをしているからです。

 

このコーティングがしっかりしているから焦げ付きにくかったり、食材がくっつかないので、コーティングがはがれてしまっているということはコーティングをやり直さない限りは復活するということはありません。

 

自宅でできるコーティングを復活させる方法はもちろんありませんから、フレーバーストーンで焦げ付きが目立ってきたらそれは買い替えの合図とも言えるでしょう。どんなに優れたモノでも完璧なものはないのですね。

 

それでも何年間も快適に使えるということを考えるといいフライパンを使うということには十分価値があるでしょう。

焦げ付かないように使うことが大事

フレーバーストーンが焦げ付いてしまったら基本的にその状態を改善させることはできません。コーティングがはがれてしまうとそのコーティングを直す方法がないので仕方がないことなのですね。

 

コーティングを修復することができないということならば、別の方法で対策をする必要があります。

 

フレーバーストーンに関して言えば焦げ付かないように大切に使うということがやはり大事になってくるでしょう。

 

例えば、フライパンを使った後でそのまま放置しないということは基本的な対策として挙げられます。フライパンに残った食材がそのまま焦げ付きの原因になることがありますから、使用した後はすぐに洗うというのは最も効果的な対策方法になりますよ。

 

また、フライパンを洗うときも臭いが染みついたりしていないのであれば、洗剤を使わないで水やお湯だけで洗い流すというのもコーティングを守ることにつながらいます。

 

もし洗剤を使って洗うときも必要以上にゴシゴシ洗う必要はありませんよ。

 

他にも火を強くし過ぎないなど細かいところに気を遣えばフレーバーストーンは長持ちします。

 

一度コーティングがはがれたら元には戻らないということをしっかりと理解して、日々の使用で大切に使うことを意識していきましょうね。

 

>>お得なクーポン配布中!フレーバーストーン公式通販サイトはコチラ! フレーバーストーン公式通販サイト